2005年05月22日

性格判断〜マザコン?ナルシスト?〜

今日の夜ある番組を見ていた。

その番組は人の癖から性格を当てるというものだった。

例えば、Tシャツを着るとき頭から着る?それとも袖から着る?






ちなみに頭から着る人は隠れマザコンの可能性がある。どうやら小さいころに母親に教わったやり方を一までも変えられない、母親に依存する傾向があるらしいのだ。

実は袖から着るほうが合理的で着やすく独立心のある人はその方法に自然と変えていくのだという。

また、一人で物事を決められないというのも隠れマザコンの一種という話。

あと歯を磨くとき前歯から磨くか、奥歯から磨くか。

前歯から磨く人は隠れナルシストの可能性があるらしい。ちなみに鏡を見る回数が多いとか外見を非常に気にしている人をナルシストという。自分大好き人間もそれに当てはまる。

さて、そこで一番興味深かったのは、恋人と並んで歩くとき右か左、どちらに立ちますかという質問。

男性女性どちらも右利きだとすると右側にくる人が支配権をもつのだという。

右側の人は利き腕である右手が自由に動かせる。しかし、左側に立つ人は利き腕を右側の人に預けている、すなわち依存している、支配される側だということだ。

これは以前から関心のあったことである。

どういうことかというと、右側に来る人がどっちかというと権力をもってそうな気がしていたからである。

例えばオーストラリアでは右側に女性が立っているのを良く見かけた。

それを見るたびに「西洋の女性は自己主張強くて性格も激しい人が多いからだろうな」と勝手に考えていたものだ。

日本人はどうだろうか?

統計では80%弱が男が右側に立つらしい。

しかし、最終決定権は女性が持つとか?

これは何を意味しているのか・・・

女性が男性より強い時代が到来している!?

男性の皆さん、強くたくましくありましょう!(と自分に言い聞かせる!)
今日の記事、またはこのサイトで何か感じた、考えさせられた、あるいは役に立ったことがあった皆さん!ここをクリックしてBlogRanking応援を是非お願いいたします!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mf1978/22791378
この記事へのトラックバック
 文章とはいかなる言語におけるも、体言の間を周旋する用言の働きである。 この原則に沿ひ英語語彙中同一語尾を帯するものを類集して文と為しかつ之を自作自訳とする。銘打つて変体英文といふ。やがて英和辞書一冊分を網羅駆使して大河物語にするつもりである故お楽しみに。
Word and Act【いろは 伊呂波 IROHA】at 2005年05月25日 15:24
この記事へのコメント
☆masaさんこんばんは!

統計の話、興味深いですね〜!
やっぱり女性の方が男より強いってことでしょうか??

でも、男性が左利きの場合はどうなんでしょうね?なんて思っちゃいました(笑)。


PS.ちょっとお聞きしたいことがあります。
「トラックバック」がよくわからないんですけれど、もし使い方をご存知だったら教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
Posted by ユウ at 2005年05月24日 01:39
masaさんこんにちは
なかなか興味深い話ですね。
他にもたくさんの話聞かせてください。
Posted by Doctor at 2005年05月24日 08:25
ゆうさん、コメントありがとうございます(^^)

左利きの場合ですか?おそらく利き腕を相手に預ける方が依存しているという法則が当てはまると思います。

ちなみに右利きで左側に来る女性で腕を組んでくる人は利き腕を預けているようで、実は支配している気分になっているらしいですよ。

気をつけましょう(笑)

あと、トラックバックですね。

例えばこの画面でいうと、このコメントの上のほうに「この記事へのトラックバックURL」というものがあります。

それをまずコピーします。

そしてログインして自分の投稿をする画面で記事を書いた後、下のほうを見てみると「トラックバック先のURL」というものがあります。

そこにコピーしていたURLを貼り付けて、そのまま投稿すれば、トラックバックが行われます。

Posted by masa at 2005年05月24日 09:58
Doctorさん、こんにちは(^^)

日本のお医者さんですか?あるいはメルボルンのDoctorさん?

また遊びに来てくださいね〜
Posted by masa at 2005年05月24日 10:01
「大手町」駅へ7分直通。イーストコモンズ清澄白河セ
Posted by buy tramadol at 2006年04月19日 01:02