2005年06月14日

英語の方言?〜away派?out派?〜

以前オーストラリアにいるとき、持ち帰りもできる小さな日本食レストランでバイトをしていた時期がある。

メニューは丼物と寿司。

なんちゃって寿司を巻いていたものだ。

オーストラリアには世界中からいろんな人種が集まっている。


韓国、中国、中東、アフリカ・・・

寿司がなんたるかを知っている人間は少ないと思う。

ゆえにプロが巻いたわけではない寿司でも条件さえそろえば売れるのである。

さて、それで店のカウンターで「have here,or take away?」

なーんて言ってた。

その話をアメリカ帰りの人に話したところ

「なに?take away!?」

と疑惑の目を向けられたのだ。

「take awayでなくてtake outだろう」

という。

「何を言ってるんだ。実際take awayって看板掲げてる店、たくさんオーストラリアにあるぞ!」

私は反論した。

結論をいうとtake awayはイギリス英語で、take outはアメリカ英語である。

同じ英語でも地域によってずいぶん違いがある。

そういえばバリバリのオーストラリアネイティブの知り合いがどこかの国に行ったとき同じ英語を話しているのに全く通じなかったのがショックだったとか嘆いてたなぁ。

東南アジアの一部の方々の話す英語を聞いたときなまりがひどく英語だとわからなくて焦ったことがある(^^;

英語の世界・・・奥深いもんだ。
今日の記事、またはこのサイトで何か感じた、考えさせられた、あるいは役に立ったことがあった皆さん!ここをクリックしてBlogRanking応援を是非お願いいたします!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mf1978/25225283
この記事へのトラックバック
おかげさまでランキングも好調です!感謝☆  英語・英会話のBlogリンク集〜みんなの英会話奮闘記 さて、今日ははっとしたことについて。 英語を勉強してるときに思わず「おお〜(;゚゚)」っていう瞬間ないですか? そんなときはだれかにすぐに話したくなりますよね〜。
無意識にイギリス英語・・?【こぶたの英語漬け〜addicted to English!】at 2005年06月19日 21:32
この記事へのコメント
masaさん初めまして。祐太郎です。以前4/23に僕のブログを読んで頂いてコメント頂いていたのにお返事もせずに大変失礼致しました。

実はあのブログは「ブログってどんなものかな??」程度の軽い気持ちで試験的に作ってみたものでしてまさか読んでくださる方がいらっしゃるとは夢にも思わなかったものですから。。。。。今日まで気がつかずに本当にすいませんでした。

実は今、本格的に情報起業するための情報収集、プラン作りに時間をとっているところでして、近いうちにメルマガ創刊と同時進行であのブログも本格運用を再開するつもりですのでまた遊びにきていただければうれしいです。

Posted by 祐太郎 at 2005年06月15日 23:05
masaさん 字数がオーバーしてしまったので再び祐太郎です。今回の記事では国による英語の違いについて書かれていますが、僕もマレーシアに初めてプロジェクトで行った時に非常に苦労しました。例えば。。。

「発音が聞き取れない偏」
・あっちゃりー(=Actually)
・へいっちきゅー(=HQ)

「意味がわからない偏」
・きゃんなー(=できるだろ?Canの変形)
・のーらー(=だめだよ!Noの変形)

などなど。でもよくよく考えてみると我々日本人が英語教材で聞いている英語を話す人達なんて世界中の英語人口からみれば極少数なのかもしれませんね。。あっそれとEnglish Room411ですが正直なところあまり他の英語教材との違いが良くわからなかったです。すいません。。
Posted by 祐太郎 at 2005年06月15日 23:19
祐太郎さん、コメントありがとうございます!

4月23日のコメントですか〜私も忘れてました。気にしないでくださいね(^^;

情報起業されるのですね。いま日本では情報起業の嵐が吹き荒れてますよね〜私はまだそこまでの経験もなくできませんが、祐太郎さん、頑張ってください!

マレーシアの英語ですか〜なんとなく想像付きますね〜

English Room 411は他の英語教材との違いがわからないとはどういう意味で?他のサイトに載せてある教材と同じ教材を載せているということですか?
Posted by masa at 2005年06月16日 00:31
masaさんこんばんは!

英語にもいろいろありますよね〜。
英語と米語も違いますけど、ネイティブの話す英語だけに慣れてしまうと、他の国の人たちの話す英語がわからなってしまいますね(汗)。

僕はベネズエラ人とインド人の通訳にとまどったことがあります(恥)。。
あ、それから香港の人たちもアクセントが強烈ですよね(^^;
Posted by ユウ at 2005年06月16日 01:12
ゆうさん、コメントありがとうございます!

ベネズエラ人とインド人の通訳ですか?何か相当濃そうな組み合わせですね〜

チャイニーズも独特でした。でも一番初めに驚いたのは韓国人のコングリッシュです(^^;
Posted by masa at 2005年06月16日 11:33
masaさんこんにちは 祐太郎です。
素早いコメントバックありがとうございます。僕も是非見習わさせていただきます。

「他の英語教材との違いがわからない」の意味するところは、他のものと比べて優れているのかどうか良くわからない。。と理解していただいても良いかと思います。

「優れているかどうか」も英語を勉強する個人の目的、好み等々色々な要素で変わってくるかとは思いますが。。

僕は決してスーパーエルマーの回し者では
りませんが、その教材のコンセプトが他の教材とは全く異なるものであり、少なくとも僕には合っていたことだけは確かみたいです。確かお試し無料CDを頼めば送ってくれるシステムになっていたかと思いますのでもしご興味があれば駄目もとで取り寄せて見ても損はないかもしれませんよ。(^^)
Posted by 祐太郎 at 2005年06月16日 12:58
スーパーエルマーですか?英語の後に日本語が入っているんでしたっけ?そうですね〜お試しなら気軽に取り寄せられますね。ちょっと調べてみます。
Posted by masa at 2005年06月16日 19:40
こんばんわ!!
はじめまして☆
Take Away とTake Outの違い、あたしも
おんなじことにびっくりしました。
同じトピックですげ〜っておもって
トラックバックさせてもらいました。
また遊びにきま〜すv(=∩_∩=)
Posted by こぶた at 2005年06月19日 21:34
こぶたさん、コメントありがとうございます!

本当にトピックが同じで私もビックリしました。もしかしたら他にも同じトピック扱ってる人いるかもしれませんね。

是非是非、また遊びに来てください(^^)!


Posted by masa at 2005年06月20日 11:22