2005年08月23日

魚を斬る!?

今日の晩飯は魚だった。秋刀魚とアジ。会社でもらってきたものだ。さばかずにそのまま家に持って帰ってきて
切ってみる。

ぶっちゃけ、これまでに1メートルクラスの魚をさばいたことはあるが、秋刀魚のような小さな魚はあまりさばいたことがない経歴をもってる私。

まあしかし、基本的な構造は同じであるからまったくできないというわけでもない。
実際、魚を切るのは約・・・どれくらいだろうか、1年ぶりくらい?それでもなんとかさばけた。しかしその過程で問題があった。それは・・・

まな板が動きまくる!!!

通常、魚をさばくときはまな板は動かないように固定しておく。動くと切りにくいし、怪我をすることになるからである。

しかし、今私の住んでいるアパートのキッチンは自炊しない人用のものでまな板を置くスペースがない。そのためタンクのヘリの部分に強引にまな板を置いて切ることになる。

ふ、不便・・・

そんなこんなで秋刀魚とアジの刺身完成!!!

いま秋刀魚は旬になりつつあり脂も乗っていて美味い。先日始めて秋刀魚の刺身を食べたのだが絶品であった。それまでは焼いて、大根おろし・しょうゆでしか秋刀魚は食べていなかったのだ。

待ちに待った、秋刀魚の刺身。ご飯も用意して刺身を食べようとしたときある重大なことに気づいた。

料理を作っているとそれだけで満腹になってしまうという話を誰しも聞いたことがあるだろうし、経験したこともあるだろう。

私は、なんと魚を切りながらいつのまにか腹が満たされてあまり食欲がなくなっていたのであった・・・

今日の記事、またはこのサイトで何か感じた、考えさせられた、あるいは役に立ったことがあった皆さん!ここをクリックしてBlogRanking応援を是非お願いいたします!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mf1978/50029740
この記事へのコメント
さんまのような光物の魚を刺身にするのは気をつけなければなりませんね。

特にこのさんま。

朝揚がったばかりの新鮮なものでなければあたります。1日経つと、もう刺身では食べられません。

ま、たいていはそこまで新鮮なものを手に入れるのは難しいですから、刺身で食べることなんてないと思いますが。。。

知らなかった方は気をつけてください。
Posted by Kaz at 2005年08月27日 11:42
書き忘れていました。

この秋刀魚は築地の市場で買ってきた新鮮な秋刀魚です。それゆえに刺身で食べることができました。

普通のスーパーで買ってきたものは刺身にはできないでしょう・・・

また、もしも本当に新鮮な秋刀魚を手に入れることができたなら一日たっても食べることができます。実際、会社の人は一日経った魚を刺身で食べて普通でした。アメリカでも日本から輸出して一日経った魚を刺身にして食べています。

しかしまあ、焼くなりなんなりしたほうが無難でしょうね。
Posted by masa at 2005年08月27日 19:35